処刑遊戯 (1979)

殺し屋鳴海昌平の活躍を描く遊戯シリーズ第三弾。脚本は丸山昇一、監督は村川透、撮影も同作の仙元誠三がそれぞれ担当。

監督:村川透
出演:松田優作、りりィ、青木義朗、草薙幸二郎、森下愛子、山本麟一、佐藤慶

処刑遊戯 (1979)のストーリー

行きつけのバーで知り合ったピアニスト直子(りりィ)と一夜を共にした鳴海(松田優作)は、帰路、何者かに襲われ、監禁される。縛られた縄からぬけ、次々と襲いかかる敵を倒し最後の出口に辿りつくとライトが照らされた。それは秘密組織のボス藤田(山本麟一)が鳴海の殺人技を試すテストだったのだ。そして、直子を返す条件として、知り過ぎた身内の殺し屋岡島(青木義朗)を殺すように命じた。岡島を追ううち、暗い部分が見えてきた。直子は鳴海を呼び出す囮だった。そして鳴海は、モーテルで直子と密会する岡島を狙撃した。岡島を仕留めると、藤田から次の殺人依頼が来た。

標的は某国大使館の要請で警視庁から護送される男だ。途中で待ちぶせしてチャンスを狙うが、狙撃は失敗する。鳴海は事件の背後にあるものを読み取り、藤田の穏れ家に乗り込み、一味全員を倒す。そして、藤田をあやつっていた大田原(佐藤慶)の事務所に乗り込み、秘書としてそこにいた直子と大田原を射殺するのだった。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 蘇える金狼 (1979)

  2. 最も危険な遊戯 (1978)

  3. 薔薇の標的 (1980)

  4. 野獣死すべし (1980)

  5. 殺人遊戯 (1978)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。