最も危険な遊戯 (1978)

策略、陰謀が展開する財界組織の恐しさを知りながらも、なお果敢に挑戦を試みる男の姿を描く。脚本は永原秀一、監督は村川透、撮影は仙元誠三がそれぞれ担当。

監督:村川透
出演:松田優作、田坂圭子、荒木一郎、内田朝雄、名和宏、石橋蓮司

最も危険な遊戯 (1978)のストーリー

日本の財界の大物達が相次いで誘拐されるという事件が起こるが、犯人が複数である事以外、手がかりは一切つかめない。東日電気社長の南条信隆(入江正徳)も強引に誘拐された。東日電気会長の小日向(内田朝雄)は鳴海昌平(松田優作)を呼び、誘拐された南条社長の救出を依頼する。南条は小日向の娘婿でもあり、謝礼は五千万円という事だった。小日向の話によれば、南条誘拐は単なる身代金めあての事件ではなく、ある巨大なプロジェクトによる東日グループ壊滅の陰謀であるという。折から、防衛庁の第五次国防計画の最新防空警戒システム導入問題で、東日グループと五洋コンツェルンが激しく競い合い、東日グループに受注を要請する事に決定したため、五洋側は政界の黒幕・足立精四郎(見明凡太朗)を抱き込んで反撃に出た。鳴海は居郷(名和宏)の愛人である杏子(田坂圭子)の居所をつきとめ、彼女を連れ出す。杏子から南条が監禁されている精神病院を聞き出し、完全武装して潜入した鳴海は、凄まじい銃撃戦の末、居郷を射殺し、南条を救出したが、桂木という射撃の名手に肩を射たれたうえ、南条を射ち殺された。

鳴海は再び、小日向から足立精四郎を射殺するよう要請を受ける。足立追跡を始めた鳴海の前に、警視庁特捜部の桂木(荒木一郎)が立ちはだかった。鳴海は五洋側の背後に思いもよらぬ巨大な敵のいる事を知る。鳴海は高級クラブのママ・綾乃(市次洋子)から足立の潜む寺に案内され、彼を射殺する。警察に包囲されながらも、逃げ切った鳴海がマンションに戻ると、桂木が杏子を人質にして、車で逃亡する。いつしか杏子を愛し始めていた鳴海は追撃のすえ、桂木に憎しみの銃弾を浴びせ、杏子を無事に救出した。

数日後、射殺したはずの足立が生存している事を知った鳴海は、再び足立の命を狙って、行動を開始する。足立は替玉を使っていたのだった。綾乃の行動を不審に思った鳴海は、彼女に銃口をつきつけ、想像を絶する敵の勢力に、狐独な挑戦を試みるのだった。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 薔薇の標的 (1980)

  2. 処刑遊戯 (1979)

  3. 蘇える金狼 (1979)

  4. 殺人遊戯 (1978)

  5. 野獣死すべし (1980)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。